人気ブログランキング | 話題のタグを見る

hotcafe ほっぺた館


モケレンベンベ・プロジェクト
by mokelembembe
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

ホッホッと笑う朴葉のおしゃべり

 秋に落ちた庭の朴葉に乗せて、ほっぺたやきを焼くと良い香で美味しくなる。数年前から冬の密かな楽しみとなったが、昨秋は時間に余裕が無く、朴葉を少ししか拾えなかった。落ちてすぐ拾わないと、乾いた繊細な葉は壊れやすく使い物にならないのだ。
ホッホッと笑う朴葉のおしゃべり_c0220170_14315715.jpg
 年明け早々、三度目の餅つきをまた近所の御夫妻にお手伝い頂いた。冬は虹のしっぽ餅!と楽しみにして下さる方が在り嬉しい。餅はかれこれ20年以上ついている。ほっぺたやきとの付き合いはまだまだだ。
ホッホッと笑う朴葉のおしゃべり_c0220170_14322458.jpg
先日、右目の白内障手術を無事終えた。片目だけ視力が戻り、よく見えない左目との差に驚く。右目で見るとLED電球の部屋、左目で見ると裸電球、てな感じ。アンバランスで余計目が疲れるが、しばしの間もう違和感を楽しむしかない。
 虹のしっぽで昨年行ったmottaフジノサチコさんのダーニング講座で、毛糸で出来る簡単な修繕方法を教わり、穴の空いた色々な物を少しずつ直していた。長時間は出来なかったが、左目も改善したら仕事がはかどるのかと思うとワクワク気力が湧いてくる。
ホッホッと笑う朴葉のおしゃべり_c0220170_14324810.jpg
 暮れに出前芝居を呼んで下さった子ども会のクリスマスビンゴで、たっけたん(ウサギ)カップが当たり、すっかりお気に入り。昨年からピンクが最近のラッキーカラー?と感じていたけど、またもやか。
ふんわり優しい気持ちで参りましょう。戦争には鬼のように猛反対するがな!切り替えとバランスが、いつだって大切。(Y)

# by mokelembembe | 2023-01-15 15:21

カチーンと凍った菊蕾のおしゃべり

2023年あけましておめでとうございます。
旧年中はhot cafe ほっぺた館、虹のしっぽ民泊ご利用ありがとうございました。
また二人芝居『クマのままでいたいと思ったクマ』を各地で公演させて頂き、御観劇とたくさんの出会いをありがとうございました!今年もどうぞよろしくお願いします。
年明けの虹のしっぽ周辺は、暖かかめで雪も溶けかけていた年末から一転、グッと気温が下がった。つい寒い玄関に飾ってしまい、フローズンお花飾り。張ったお水は氷と化し、菊の蕾は開かない。これ毎年やっちまう失敗。まだ北海道の暮らしが充分解ってないと痛感する、移住八年目。
カチーンと凍った菊蕾のおしゃべり_c0220170_17182081.jpg
蜜柑を買い忘れ間抜けの鏡餅だったが、年頭ご宿泊のお客様がピッタリサイズの蜜柑を丁度お持ちで、乗っけてくださり、
鏡餅らしくなった。ありがとうございます!
カチーンと凍った菊蕾のおしゃべり_c0220170_17185371.jpg
虹のしっぽ周辺は雪も数日あまり降らず、そのすきに道路の端を片付けた。少しは往来がスムーズになった感じでホッ。
カチーンと凍った菊蕾のおしゃべり_c0220170_17192018.jpeg
今年の干支は兎。たっけたんと立つ!が私達のテーマ。
ハッキリしている性格のたっけたんと共に、毅然と立ちたいという所存。
まずは白内障の手術にチャレンジする。手術ってのは初めてなもんで怖いけど、もうよく見えなくなっちまい、ガンバる。(Y)

# by mokelembembe | 2023-01-05 17:45

ポワポワ雪の花のおしゃべり

 各地で大雪、お見舞い申し上げます。虹のしっぽ周辺は今のところ少ないから助かっているが、昼間に気温が上がって溶けてしまうと道路の雪が盛り上がってしまい、外出の往来はちと難儀。
ポワポワ雪の花のおしゃべり_c0220170_21180135.jpg
 今年の大掃除は、障子紙の貼り替えを初めて行った。
障子についてよく知らなかったから、放置していたら紙がめくれてきた。本当は毎年貼り替えるものなのか?
漫画サザエさんで年末に家族で貼り替えていたのを読んだ記憶あり。確かに真っ白な紙に替えたら和室がビシッとした。但しめくれた箇所のみ。案外難しい作業なので残りはいずれ又、、
ポワポワ雪の花のおしゃべり_c0220170_21192351.jpg
生後~4歳頃まで住んだ家には障子があった。来客と母が向こうで話しているのを、姉と人差し指を舐め障子にそーっと穴を空けて覗いたイタズラを思い出した。
ポワポワ雪の花のおしゃべり_c0220170_21183417.jpg
廊下に雨が降るほどボロかったから、大正か明治時代?の家だったかも。父が40歳の時に一大決心をして、ビルに建て直した。
当時ビルはまだ少ない時代だったが、数十年経もっと高いビルに囲まれ、父のビルは老朽化と共に解体された。何の因果か七年前私達の北海道移住直後のことだった。。
 ふと、あの古家は3月と5月の下町大空襲でも焼け残った家だったのだ!と改めて気がついた。
道一本挟んだ地区の台東区根岸は、下町ブランドとして名高い。十年くらい前までは、空襲で焼け残った古くからの風情のある家が建っていて「奇跡の街」とも呼ばれていた。
故郷荒川区は低く見られがちだが、私だって奇跡の家で産まれたんじゃないか!
気がついたら嬉しくなった。見上げれば雪の花が、今更ですか?とポワポワ笑ってた。(Y)

# by mokelembembe | 2022-12-21 22:00

キラキラ煌めくクリスマスツリーのおしゃべり

 虹のしっぽ公演打ち上げも終えた後、故郷東京へ帰省した。
初夏の90歳御祝い後、心臓の検査入院した疲れからか体調を崩し、20キロも痩せてしまった父に会うため。
母も80代半ばで家事を頑張っているが、もともと足も悪く大掃除は無理だからお手伝い、というのがメインの目的。
 身体が思うように動かず、ありがたかった!と涙ぐみ喜んでくれた両親は、歳を取ったなぁと思った。
頑張り過ぎて足がつった私も、息子夫婦が応援に駆けつけてくれて、ありがたかった!!
キラキラ煌めくクリスマスツリーのおしゃべり_c0220170_22233036.jpg
 滞在中ちょうど68/71黒色テント時代の先輩、新井純さん御出演のリーディング公演と、佐藤信さん演出の公演があったから観に行った。先輩方が現役の御活躍は嬉しいし、懐かしい人達と会うとやはりホッとする。
 恵比寿の写真美術館で開催中の星野道夫さん写真展へも寄ってみた。折しも新たに発見されたパノラマ写真が公開されていた。なぜか虹のしっぽには星野道夫さんに繋がる人が訪れることが多いから御縁かなと。展示を見ていて、関東からアラスカへ移り住むに至った道夫さんの想いは、北海道で数年暮らした私には理屈抜きのヒントになった。
 久しぶりの開催『アイヌ感謝祭』にも参加出来た。内容充実で発見や学びや感動が一杯。ここでも懐かしい人達が元気で嬉しかった。
 浅草酉の市へも七年ぶりに行くことが出来た。私が移住後に出来た呑み屋に入り、店のお姉さんに「七年前まで近所に住んでたが今は北海道」と話すと、知らないオジサンが「北海道から来てるんですってね?」と挨拶に来た。近所に住んでる青森出身の方だそう。
お国言葉が出ないですね?と言ったら「もう東京長いですからね。でも青森帰ったら一瞬で訛りますよ!北から来た人と聞いたら何だか嬉しくなっちゃって失礼!」だって面白い。
下町って人の距離が近くて昔はウザいと思ってたけど、離れてみると気さくな所だ。いつの間にか、私は北の人になったのか。
キラキラ煌めくクリスマスツリーのおしゃべり_c0220170_22240377.jpg
 東京は上着が要らないほど暖かかったが、その間は北海道も暖かかったらしい。なのに私が戻った日から雪。大歓迎だね!?
休む間もなく、雪かきスタートだ。
キラキラ煌めくクリスマスツリーのおしゃべり_c0220170_22245373.jpeg
『クマのままでいたいと思ったクマ』今年最後の公演は隣町のクリスマス会へ出前♪春に御観劇された子ども会の方々が良かったと紹介して下さったようで、お隣の子ども会からも御依頼をいただいたのだ。
低学年の子が多かったが最後まで真剣に観て下さり、大人の方々も、町会長さんまで楽しんで下さった。
 来年もどうやらこの二人芝居は続く兆し。淡々と演じます。
皆様、今後共よろしくお願いします。(Y)

# by mokelembembe | 2022-12-14 23:47

チラチラ小さな雪粒たちのおしゃべり

hot cafe ほっぺた館の2022営業を11/12(土)で終え、13日には『クマのままでいたいと思ったクマ』虹のしっぽスタジオ公演の千秋楽と打ち上げギョーザ会を無事に終えた。
直後の朝、庭が白くなっていた。まるで劇中のセリフそのもの「だんだん寒くなり、ある朝雪が積もった。」だけど、昼間の気温が上がりすぐ溶けた。そこでHはブルーベリーの冬囲い、私は鉢植えの植え替えなどを、ここぞとばかりに慌てて作業。
虹のしっぽでノンビリする暇はなかなか見つからない。


チラチラ小さな雪粒たちのおしゃべり_c0220170_21205471.jpg
千秋楽には、何度も観て下さるありがたい応援者の方々や協力者の方々、来月のクリスマス会に出前を依頼して下さった隣町の子ども会の方、そして何と青森公演の際、バーのカウンターで隣合わせたご縁の女性が「いつか行きますよ」とおっしゃり、本当に来て下さってビックリ!
行く行くと言うだけの人はたくさん居るけど、口ばかりでない人に会えるのはありがたい。
海を越えてお越し頂き、来てよかった!演劇も想像以上に良かったと言って下さり、食事も全部美味しい、丁寧に歓迎された気がする、など私達の仕事全般を評価して下さり嬉しかった。
聴けば演劇(舞踏)をされていた方とのことで、だからこその理解だったかも。やってみない人には表面しか解らないから。
チラチラ小さな雪粒たちのおしゃべり_c0220170_21221127.jpg
昨年と今年合計、のべ15箇所で公演した『クマのままでいたいと思ったクマ』は、他にも御宿泊の方々などにもお見せして20回くらいは演じた。更に来年も出前が続く兆し。
失敗は、阿寒オンネチセに出前の旗を立てかけたまま飛ぶ鳥が思いっきり跡を濁して忘れ物してしまい、公演を準備して下さった友人に又御世話をかけ保管して頂いた。その旗を、阿寒に行った方が預かって来て下さり先日引き取りに行った。
その方々も御観劇下さった御家族で、大人はタイトルを覚えてないのにお子様は「クマのままでいたいと思ったクマ!」と正確に言えるし、ラストの決めセリフまでちゃんと覚えているそうで感謝感激!もう本当に子どもってカッコイいョ。お友達に作り方を習ったばかりだというハートまでいただき、心がポカポカした。
チラチラ小さな雪粒たちのおしゃべり_c0220170_21211853.jpg
帰宅して旗の入った袋を開けたらクマヤキ同封!?阿寒方面にはクマヤキというおやきがあるそうだ。サブレは遠方お土産用だとか。ポッテリシルエットが脱力系。ジーッと観察してからいただいた。味もよし!友人達にまた感謝。また阿寒へ行って友達にも会い、焼きたてクマヤキも食べたいものだ。
愛の足りない世の中で皆様の愛をありがとう!私も受け渡していこう。あきらめずこれからも。(Y)

# by mokelembembe | 2022-11-19 22:55


カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
memo
モケレンベンベ・プロジェクトの
<H> と <Y>が書いています。


モケレンベンベ・プロジェクトのホームページです
mokele web page
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧