hotcafe ほっぺた館


モケレンベンベ・プロジェクト
by mokelembembe
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2012年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

カタニア!

なんて美しいエーゲ海の色!
c0220170_15554157.jpg
8/25は、カタニア港からドゥオーモ広場まで歩いて行った。途中、目に付いたのは洗濯物。よく日が当たるように!でもこんな大胆な干し方、日本であまり見たことない。(映画「グランブルー」でも有名なタオルミーナへも行ってみたいね、とインフォメーションセンターに入ったが、受付の女の子が無愛想に「電車で2~3時間はかかりますよ。」と言いながら、日本語のガイドブックを差し出した。それでは時間が足りないと諦めたが、あとでタオルミーナへ行った人達から、そんなにはかからなかったと聴いてガッカリ。憧れのあの海の色にご縁がなかったなあ・・・まあ仕方がない。)
c0220170_1604149.jpg
さて、こちらドゥオーモ広場のすばらしいカテドラル!見とれていると首が痛くなる~。
c0220170_1631459.jpg
中には神父さんのミイラがあってビックリ。でも聞けば世界中には、神父さんのミイラを置いている教会は結構あるらしい。
c0220170_1684070.jpg
広場のシンボルは像の噴水!なんだか面白い。
c0220170_1692864.jpg
服や雑貨屋さん、カフェが並ぶエトニア通りから、ビッグバザールへ。どこまでも続くマーケットを見ていたら抜け出せなくなった!
c0220170_16142784.jpg
やっと通りへ出て歩いて行くと、「ローマ闘技場」が突然現れた。道の真ん中に遺跡が存在しているのは驚き。そういえば、この街全体が遺跡みたいだ。装飾が素晴らしい建物を、大切に長く使い続けているからこそ美しい街なのだ。古き良き物もバンバン壊して高層ビルをおっ建てていく、統一性のない日本の街の景観とは大違いだ。
c0220170_1611969.jpg
この街出身の作曲家、ベッリーニの公園に行くと、陽気な人たちがオーケストラの真似をして楽しんでいた。
c0220170_16113050.jpg
イタリアのはずれの港街。独特の時間が流れていた。(Y)
[PR]
by mokelembembe | 2012-01-20 16:34

ピレウス!

 8/23、ルームメイトと3人で港を出発。スリが多いというから必要と思う分だけ換金。お金はユーロである。しばらく駅の改札を探したが見つからず(駅の裏側に居たと帰りに判明)仕方なくタクシーに乗ってアクロポリスへ。
道路沿いには「sex shop」が建ち並ぶ。お土産品もエロいのが多い。なんだかギリシャはエロいなあ・・・
c0220170_15513284.jpg
なあんて、呑気なことを言っている場合ではなく、デモに遭遇!
c0220170_15392154.jpg
道端のいたる所には、犬がヘタリこんで寝ている。お腹が空いて力が出ないのだろう。
c0220170_15404938.jpg
世界中の人々が訪れるパルテノン神殿。長い年月、修復を繰り返して保存しているだけに、地面の石はツルツル。実際、ここで滑って転んで骨折してしまった船の仲間がいる。
c0220170_15432578.jpg
収入を観光に頼る場所ほど地元民の経済は深刻なのか。そんな中でも、エロトランプなど作って売っている人々のパワーに圧倒される。
c0220170_15454271.jpg
ちなみに、タクシーの運転手さんからおススメされた新しい博物館は、入口のスケルトンから足下に遺跡を見下ろす設計になっている建物のデザインを含め、本当に素敵だった。・・・しかし、電車にまで落書きされている状況は、一目で荒れているのが判るし、港への帰り道でも、明らかに薬物中毒の女の子が道端で朦朧としていたし、やっぱり私の胸に強く残ったのは、遺跡よりそこに生きるもの達のことだった。(Y)
[PR]
by mokelembembe | 2012-01-19 15:56


カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
memo
モケレンベンベ・プロジェクトの
<H> と <Y>が書いています。


モケレンベンベ・プロジェクトのホームページです
mokele web page
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧