人気ブログランキング |

hotcafe ほっぺた館


モケレンベンベ・プロジェクト
by mokelembembe
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

2011年 11月 16日 ( 1 )

アカバ!2日目

8/13に泊まったホテルは食事もおいしくて、ベッドもゆったり。何よりバスタブがあるのが嬉しい!船旅の疲れc0220170_12185120.jpgも軽減するか?と思いきや・・排水栓が緩んでいるらしく、いつまで待ってもお湯が溜まらない~!?腰の位置までほどのお湯に浸ってじーっとしていたら深夜に及んでしまった。ホテルにもパレスチナ難民の青年が来てくれたが、移動が多くて疲れていた私は、睡魔と闘いながらしかお話を聴けなかった。ゴメンなさい。

翌14日は、バスで世界遺産のぺトラ遺跡へ。
c0220170_12191169.jpg              40度の暑さといっても、日本のようには湿気がないのでさほど辛くはない。自然の岩の美しさと、そこに人間の手が入った驚くべき空間。映画「インディジョーンズ」の撮影現場となったことで有名だが、その壮大さに唖然。(といっても、ラクダや馬やロバ君たちの走り抜ける砂埃や、落として行く物の臭いも漂っているので口を開けているのは危険だ!?)

シークと呼ばれる谷間をずーっと歩いて行く。c0220170_12192358.jpg
壁面には、かつて人々がここで暮らしていた時に水を流していた道が続いている。足元には敷石がある所と無い所がある。これは、一面に敷かれていたらしいが、いつかの大地震で崩れてしまったらしい。結構大きな敷石なので、馬車などが走ってくると凄まじい音を発生させる。それも含めて大迫力に圧倒される。


高くそびえ立つ岩肌は、マーブルの何とも言えない色彩美。
c0220170_1219326.jpg
ギリシャ円形劇場の手前まで来て、ロバに乗らないか?と誘われた。c0220170_12194432.jpg10ドルとおじさんが言うので、乗らないと言うと「特別に半額にするよ」と小声で言った。「じゃあ乗るか」とロバにまたがろうとすると、ガイドさんが、ふっかけられているような私を助けてくれようとしたのでしょう。「一律8ドルでお願いします!」とたしなめた。おじさんはニンマリ。劇場の先にもっとすばらしい所があるよ!と張り切っている。私はテンションが下がり、どこまでも続く壮大な世界遺産空間にも疲れてきていたのか?「戻って欲しい」と言った。「戻っちゃうのか!?」と明らかに呆れ顔のおじさんに「いいから戻って」と伝えた。あ~あ、本当はあのギリシャ劇場に立ってセリフの一つでも吐いてみたかったのに、どうしてこうなっちゃうのかなあ?・・・・ロバに揺られる間抜けな自分の影をぼんやり眺めていた。c0220170_12195481.jpg
すると真正面から、ハイヤー!という叫び声と爆音が聞こえ、顔を上げるとラクダが数頭暴走して来た。乗っている兄さん達は鞭を振り上げ超ハイテンションだ。わあ!ぶつかるー!と目を見開く私をよそに、おじさんはのんびり「どうどう」とロバを若干脇に誘導させた。ますますテンションが下がり、なんか自分がひどく小さく感じた。

一番有名なエルハズネ(アリタス4世のお墓・周辺の文化を混ぜ10年以上の歳月をかけて作ったという素晴らしい装飾)まで戻って約束の8ドルを支払い、あとは一人でトボトボ歩いて帰った。早すぎて集合時間の1時間も前に戻り、誰もいないので野良猫を眺めながらアイスを食べた。またしてもトホホチックだ。
船に戻ると、フリーでぺトラ遺跡を回ったルームメイト達が「劇場の先には、ベドウィン族が現在も暮らしている様子が見られたよ。もっと奥まで進めばよかったのにー!」と言われた。観光は、得意とはいえない私・・・(Y)
by mokelembembe | 2011-11-16 13:45


カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
memo
モケレンベンベ・プロジェクトの
<H> と <Y>が書いています。


モケレンベンベ・プロジェクトのホームページです
mokele web page
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧