人気ブログランキング | 話題のタグを見る

hotcafe ほっぺた館


モケレンベンベ・プロジェクト
by mokelembembe
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ポワポワ雪の花のおしゃべり

 各地で大雪、お見舞い申し上げます。虹のしっぽ周辺は今のところ少ないから助かっているが、昼間に気温が上がって溶けてしまうと道路の雪が盛り上がってしまい、外出の往来はちと難儀。
ポワポワ雪の花のおしゃべり_c0220170_21180135.jpg
 今年の大掃除は、障子紙の貼り替えを初めて行った。
障子についてよく知らなかったから、放置していたら紙がめくれてきた。本当は毎年貼り替えるものなのか?
漫画サザエさんで年末に家族で貼り替えていたのを読んだ記憶あり。確かに真っ白な紙に替えたら和室がビシッとした。但しめくれた箇所のみ。案外難しい作業なので残りはいずれ又、、
ポワポワ雪の花のおしゃべり_c0220170_21192351.jpg
生後~4歳頃まで住んだ家には障子があった。来客と母が向こうで話しているのを、姉と人差し指を舐め障子にそーっと穴を空けて覗いたイタズラを思い出した。
ポワポワ雪の花のおしゃべり_c0220170_21183417.jpg
廊下に雨が降るほどボロかったから、大正か明治時代?の家だったかも。父が40歳の時に一大決心をして、ビルに建て直した。
当時ビルはまだ少ない時代だったが、数十年経もっと高いビルに囲まれ、父のビルは老朽化と共に解体された。何の因果か七年前私達の北海道移住直後のことだった。。
 ふと、あの古家は3月と5月の下町大空襲でも焼け残った家だったのだ!と改めて気がついた。
道一本挟んだ地区の台東区根岸は、下町ブランドとして名高い。十年くらい前までは、空襲で焼け残った古くからの風情のある家が建っていて「奇跡の街」とも呼ばれていた。
故郷荒川区は低く見られがちだが、私だって奇跡の家で産まれたんじゃないか!
気がついたら嬉しくなった。見上げれば雪の花が、今更ですか?とポワポワ笑ってた。(Y)

by mokelembembe | 2022-12-21 22:00
<< カチーンと凍った菊蕾のおしゃべり キラキラ煌めくクリスマスツリー... >>


カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
memo
モケレンベンベ・プロジェクトの
<H> と <Y>が書いています。


モケレンベンベ・プロジェクトのホームページです
mokele web page
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧