人気ブログランキング | 話題のタグを見る

hotcafe ほっぺた館


モケレンベンベ・プロジェクト
by mokelembembe
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

大きな栗の木のおしゃべり

 hot cafe ほっぺた館定休の日曜9/5は、2人芝居『クマのままでいたいと思ったクマ』を篠路の空と大地のヨガ「青空ヨガ+夏のおわりのマルシェ*2021」へ出前公演。
昨年ツリーハウス図書室完成披露を見学に行った素敵なマルシェにまさか私達も呼んで頂けるとは!と驚いていたら、ほっぺたやき販売も是非と声をかけられ、久しぶりの出店。
チーズケーキも2種焼いて行ったが、あっという間に完売してしまい、自分の作った物がこんなに喜ばれるとは?と驚いた。
よもぎ皮の△が、亡き母の味にそっくりで懐かしい!と言われたお客様がおられ、危うく泣きそうになった。
自家製ジンジャーエールも自家焙煎コーヒーも美味しいと喜ばれ、虹のしっぽで日々の格闘が無駄ではないのだなと知った。
大きな栗の木のおしゃべり_c0220170_19071954.jpeg
 お昼過ぎ、ほっぺたやき販売の後ろで太鼓ワークショップが始まり、Hが店番してくれると言うから輪に加わった。
青空の下みんなでリズムを合わせたら楽しくて若干エネルギーを使い過ぎ、芝居の本番で何度かセリフを噛んだ。(笑)
しかし、大きな栗の木は小さな失敗など笑うようにゆったり枝を揺らし、その下には物語と同じく秋の風が程よく吹き、眩しいほどの夕日がスポットを当ててくれて、束の間の小さな円形劇場となった。
大きな栗の木のおしゃべり_c0220170_19082539.jpeg
 開演前から、こんな素敵な場を与えて頂けるとはと感動していたが、劇後半に3歳くらい?の幼子が、絶妙なタイミングで声援を送ってくれたのには、観ている人達も私達も込み上げそうになった。演じている最中なんだから!とこらえたが、澄んだ子どもの感性は的を得ていると改めて感心した。
大きな栗の木のおしゃべり_c0220170_19085516.jpeg
 今回「まず僕が劇を観たいから」と声をかけて下さったのはエコビレッジライフ体験塾の伊藤伸二さん。ぐるりの暮らし研究の多忙中、私達の劇づくりにいつも反応して下さるお方。
そのお仲間の近添和実さん圭司さん御夫妻の空と大地のヨガに集まるのは、気持ちの良い人達ばかりだった。類は友を呼ぶ。
私達も心青空の1日を過ごすことが出来、生きていて良かった!と思える時間を与えて頂いたことを胸に、温かい気持ちを伝播していきたい。皆様ありがとう。本当にありがとう。(Y)

by mokelembembe | 2021-09-06 20:43
<< テカテカ黒光りする黒曜石のおしゃべり コロコロ梅干しのおしゃべり >>


カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
memo
モケレンベンベ・プロジェクトの
<H> と <Y>が書いています。


モケレンベンベ・プロジェクトのホームページです
mokele web page
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧