人気ブログランキング |

hotcafe ほっぺた館


モケレンベンベ・プロジェクト
by mokelembembe
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

桃の実が、なってます!

c0220170_1237033.jpg

c0220170_1237080.jpg

c0220170_1237032.jpg

c0220170_1237069.jpg

多くの方のお蔭様で、全国8ヶ所旅公演は終わったが、引き続き桃が、新しい実が成っている。。
今年の旅で「若い表現者募集!」のビラを配ったところ、早速、東京公演を観に来た名古屋の中学校の先生から、秋の文化祭クラス劇でやりたいと申し込みがあり、もう一方では初日に観てすぐ女学生役に立候補してくれた茅ヶ崎の高校生が、更に仲間を誘ってメンバーを揃えてくれた。

正直驚いた。三年前は、NHK全国放送で呼びかけても実際取り組んでくれたのは、広島の鈴峯女学校だけだった。
今回は二組も、しかも現役の学生さん達が取り組んでくれるのは嬉しい限り!早速相談に応じた。
クラス劇は教室で30分の上演ということで、名古屋の先生は自力で台本を書き替えた。
しかし、私達の『桃の実』を観て感動してくれた先生は、肝心の女学生の乗務の説明をカットして、ラストまでほとんど変えずにいた。このままでは・・・
直接相談しようということになり7月末の雨の日に、先生が我が家へやって来た。大きな花束を抱えて。
公演が終わってからお花をいただくのは初めてだった。芝居はいつも夢みたいに終わってしまうから、千秋楽の次の日には、まるで嘘だったようにも感じるものなのだ。予想外で、何だか特別なご褒美に感じた。

結局、先生には涙を飲んで貰い、歌も二人の男も桃の実もカットして、現役の女学生が電鉄の女学生を演じることに集中するように、台本を書き替えてあげることにした。クラス全員が出演できるようにも工夫して。

中学生が自分達で教室の取り組みに名付けた『廃墟に光を』の中での、新しい作品となった。

9/22まだ暑い名古屋へ、私は文化祭本番を観に行った。午前中時間に余裕があったので、20数年前『プロレタリア哀愁劇場』という芝居の旅の始めに上演した大須の七ツ寺共同スタジオへ寄ってみた。
演出してくれた黒テントの先輩・山元清多さんが数日前に亡くなり、他の先輩に「元さんは東京下町大空襲の火の中を、逃げて助かった子なんだよ。初演出のプロレタリア哀愁劇場は、色んな想いを込めた大切な作品だったはず」と聴いたばかりで、胸が痛くなった。
実は、今年の『桃の実』旅の最中にふと元さんの戦争体験を聴いたことがなかったなと気づき、下町だからもしかして・・聴いてみようかと思ってた矢先のお別れになってしまったのだ。(まったく人生は皮肉なもの)

女子中学生は元気!いよいよ本番となると緊張気味で恥ずかしさが伝わって来る。かわいい!
あまり稽古時間が確保できなかったそうだが、教室の展示も一生懸命取り組んでくれていた。「だけど、過去のこととは考えないでね!戦争が始まったら、皆さんも勉強ができなくなります」と私は甘くないコメントを残して帰った。思春期の顔が一斉に引き締まったのが印象的だった。
後日、嬉しいお知らせが!3-Dの『廃墟に光を』が、文化祭大賞を授賞したそうだ。
鋭い感性で、何かしらきっと未来に繋いでくれると思う。

もう一つ、中学校の他のクラス展示を見て驚いた。懐かしくて立ち寄った大須の辺りは、名古屋の空襲が酷かった地域だそうだ。本当に知らないことばかりだ。
元さんに空襲体験を聴きのがした私は、どうやら宿題を貰ったらしい。日本中の、世界中の若い子達とこれからも一緒に考えていきたい。(Y)
by mokelembembe | 2010-09-27 12:37
<< れれれ煉瓦塀が・・・ 煙のむこう >>


カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
memo
モケレンベンベ・プロジェクトの
<H> と <Y>が書いています。


モケレンベンベ・プロジェクトのホームページです
mokele web page
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧