人気ブログランキング |

hotcafe ほっぺた館


モケレンベンベ・プロジェクト
by mokelembembe
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ジュサブローさん

c0220170_11161699.jpg

昨日たまたまメトロに乗ってたら、人形町で人形市という催しが行われているという貼紙を見て、途中下車した。
駅前から水天宮に続く道端に出店が並び、雛人形やぬいぐるみなど色んなお人形さんが並べられていた。

東穀ホールという会場で、辻村ジュサブローさんの人形劇が無料で見られるとポスターに書いてあったので、出店見物もそこそこに急いで行ってみた。
劇というよりジュサブローさんの講演という感じだったが、お話も楽しく、心が和んだ。
「人形に魂が入ってるとか何とか言う方あるけど、入ってる訳ないじゃない!入ってたらもっと僕の言うこと聴いてくれるはずだもん。この人逆らう、逆らう!」と言いながら、自作のお人形を操り3曲踊りを見せてくださった。

お人形は色っぽくまるで生きているよう、洋風のお人形は流れているBGMのシャンソンを歌う歌手に見える。ジュサブローさんは、職業病だという腱鞘炎の腕にサポーターを巻き痛みに耐えながら必死に操っている。でも、表情をじっと見ていたら、ジュサブローさんの心がシャンソン歌手になりきっているのがよくわかった。

ジュサブローさん曰く、「人形遣いが踊りなんか習っちゃいけない。自分が踊っちゃ人形が踊らなくなっちゃう。」「自分は踊らないで人形を踊らせる。それが人形遣いというものよ。」
これを聴いて、表現の奥深さを改めて感じた。

魂などない。と言いつつ、時折お人形に話しかけるジュサブローさんは、お人形はご自身の分身だと思っているように見えた。 あくまでも、自分の魂を注いで作っているだけ。
それが表現というものだ。というシンプルなことを思い出させてもらい、なんだかワクワクした気持ちになった。(Y)
by mokelembembe | 2009-11-10 11:16
<< 私のチンチン電車 森林隊で森のお手入れ >>


カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
memo
モケレンベンベ・プロジェクトの
<H> と <Y>が書いています。


モケレンベンベ・プロジェクトのホームページです
mokele web page
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧